前に終了した遺産分割に対して今回の判例変更の影響はあるのか?

今回も引きつづき、前々回からの関連記事です。

さて、平成28年12月19日、平成29年4月6日に、最高裁は共同相続された預貯金債権が遺産分割の対象となるとの判断を示したわけですが、判例変更前に成立していた遺産分割には影響があるのでしょうか?遺産分割のやり直しなどが必要となるのでしょうか?

 

今回の最高裁判決は、法的な解釈を変更するものですし、遡及効(過去に遡って効力を及ぼすこと)を明確に否定しているわけではないので、理論上は、過去に成立した遺産分割に関しても変更後の判例の考え方は適用されると考えることができるのではないかと思われます。

しかし、現在のところ(基本的には)、遺産分割のやり直しの必要が生じるといった影響は出ないのではないか、と考えられています。

主な理由は、遺産分割というのは一般に、預金だけでなく全体的な遺産、様々な事情を踏まえて当事者間で成立するものであり、変更前の判例に基づいて遺産分割をしていたとしても、その遺産分割について錯誤があるとして無効になる、といった事態は考えがたいというものでしょう。

とはいえ、例えば、多額の預金が相続財産の大半を占めていたにもかかわらず、その預金が遺産分割の対象とならなかったため、その他の遺産についてのみ、特別受益や寄与分を認めた上で遺産分割がされていたという事案などでも、本当に今回の判例変更で遺産分割のやり直しが必要となることはないのでしょうか??気になるところです。

今後もこの点には注目したいと思います。

 

ページの上部へ戻る