遺産の一部についてのみ遺言があった場合に残りの遺産はどうなるのか?

故人が遺産の一部についてのみ遺言をしていた場合、相続人は残りの遺産をどのように相続することになるのでしょうか?

残りの遺産については、遺言がないのですから、(帰属を決めるのに遺産分割が必要な遺産については)遺産分割をしなければなりません。

なお、法律上分割可能な債権については、相続と同時に法定相続分に応じて分割されるため、原則として遺産分割の対象にはなりませんが、預貯金については遺産分割の対象となっていますので、ご注意下さい。

 

さて、問題は、遺産分割をするときのそれぞれの相続人の相続分です。

たとえば、遺産として土地建物、預金を持っていた父親が亡くなり、同居の長男に土地・建物を相続させる遺言(その他の財産については記載がないものとする。)を残していた場合、どうなるのでしょうか。
妻(母親)は先に亡くなっていたため、子供ら(兄弟)3人が法定相続人であるとします。

 

この場合、一般的には、遺言があった財産(土地・建物)の価額が、その取得者の法定相続分を超えていたかどうかで判断されています。

1)超えている場合

例えば、土地・建物3000万円、預金3000万円だったとすると、長男の法定相続分は遺産全体の3分の1に当たる2000万円となり、遺言による相続財産(土地・建物)の額が法定相続分を超えていることになります。

この場合、父親は法定相続分を超える土地・建物だけを長男に帰属させ、その他の財産は次男、三男に等分に(1500万円ずつ)帰属させる趣旨で遺言をしていたものとして、預金を次男、三男が等分に取得する遺産分割をするのが原則ということになります。

2)超えていない場合

例えば、土地・建物2000万円、預金7000万円だったとすると、遺言による相続財産(土地・建物)の額は法定相続分を超えていません。

この場合、父親は法定相続分(3000万円)まで、土地・建物(2000万円)と預金(1000万円)を長男に帰属させ、次男、三男には残りの預金を法定相続分(3000万円)ずつ帰属させる趣旨で遺言をしていたものとして、預金を長男が1000万円、二男・三男が各3000万円を取得する遺産分割をするのが原則ということになります。

 

たしかに、以上のような考え方は一般的には合理性があると思いますが、果たして父親は実際どのような内容の遺言をするつもりだったのでしょうか。

1)の例で、父親がもし、土地建物については長男に、預金については長男も含めて兄弟全員に均等に取得させるつもりで一部遺言をしていた場合(預金は長男・二男・三男とも各1000万円取得)には、上記のような一部遺言をしてしまうと、父親の真意には反する結果となってしまうのです。

また、2)の例でも、父親がもし同じように考えていた場合(預金は長男・二男・三男とも7000万円÷3≒2333万3333円ずつ取得)には、上記のような一部遺言をしてしまうと、やはり父親の真意に反する結果となってしまいます。

したがって、父親がこのような真意を持っている場合には、預金も含めて全部の遺産について遺言をしておかなければならなかった、ということになります。

 

このような場合でなくとも、遺産について一部遺言をすると、相続財産の手続き漏れ、相続財産の隠匿、遺言の解釈の争いなどの問題が生じるので、基本的にはお勧めできません。

遺言書の内容、書き方でお悩みの方は当事務所の法律相談にお申し込みください!

 

ページの上部へ戻る