最高裁が無償の相続分譲渡を「贈与」に当たるとした判決で税務面に影響が出るのか?

前回、共同相続人間でされた無償の相続分譲渡が遺留分算定の基礎財産に算入すべき「贈与」に当たるとした平成30年10月19日付の最高裁判決をご紹介しましたが、今回はこの判決の税務面への影響(相続税、贈与税)について、以下のリンク先に記事を記載しましたので、どうぞごらんください!

https://www.legalawyer.jp/souzokubunjouto-zouyo-zeimu/

 

ページの上部へ戻る