相続に関する民法改正の概要

家族の写真

本年7月1日より、相続に関する民法改正(の大部分)が施行されております。

約40年ぶりの大きな改正になり、実務上の影響も色々とあります。

改正の内容については、まずこちらの法務省のHPを見て頂くのが分かりやすいでしょう。

http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00222.html#B002

今回の改正では、配偶者居住権(配偶者短期居住権)の制度、遺産分割前の預貯金の払戻し制度など、これまでにない新たな制度が創設され、令和2年7月10日からは、法務局での自筆遺言書の保管制度も開始されることになっているなど、注目の内容となっているので、大まかな内容はあらかじめ知っておかれた方が良いでしょう。

 

遺産分割、遺言、遺留分など、相続に関するご相談がある方はクーリエ法律事務所までどうぞ!

 

 

 

ページの上部へ戻る